椎間板ヘルニアのレーザー治療なら入院日数が2日(1泊)【早期治療で健康生活】

	医者

まずは安静にしましょう

風景

ぎっくり腰になったら

今でも腰痛の85%が、どうして腰痛が起こっているのか原因がよく解らないと言われています。そして残りの15%は、腰椎椎間板ヘルニアや腰椎等の骨折と言われているのです。腰椎椎間板ヘルニアは、ぎっくり腰の原因の1つでもあり、ぎっくり腰が発生すると、動くことができないほどの激痛が走り、ほとんどの人はその場にうずくまってしまうものです。ですから、ぎっくり腰になったら無理をせず、まずは安静にしましょう。腰椎椎間板ヘルニアについてもう少し詳しく説明すると、これは、腰椎と腰椎の間、または腰椎と仙骨の間にある椎間板が外側にはみ出してしまう病気で、脊柱管の中を走る脊髄や、そこから枝分かれしている神経の付け根の部分(神経根)を圧迫してしまうのです。そして、この部分に激しい炎症が起こるため、激痛が走ります。

検査が必要になります

ぎっくり腰の痛みが治まってきたら病院で診てもらいましょう。場合によっては、MRI等の検査が必要になります。そして検査の結果、ぎっくり腰が腰椎椎間板ヘルニアだと分かれば、治療には手術が必要となることもあるのです。最近では腰椎椎間板ヘルニアの治療のために、内視鏡を用いた手術が行われるようになり、患者の負担が軽減されています。しかし、手術の場所が脊髄に隣接したリスクが高い場所であるため、腰椎椎間板ヘルニアの治療実績を数多く持ち、手術に定評がある病院で治療を受けた方が安心できるはずです。そのためには、病院の口コミ情報サイトにアクセスして、腰椎椎間板ヘルニアの治療を専門で行っている病院の情報を入手すると良いでしょう。