椎間板ヘルニアのレーザー治療なら入院日数が2日(1泊)【早期治療で健康生活】

	医者

痺れたりする

看護師

神経の圧迫

椎間板ヘルニアは、腰の痛みが激しく神経を圧迫されていますので、痺れたりもする病気なのです。少し迷ってしまうのは普通の腰痛と違って、腰椎椎間板が飛び出て神経を圧迫している状態なのです。椎間板とは腰椎の間にあるクッションのような役目をしているものです。このように椎間板ヘルニアとは、神経を圧迫している病気なので、痺れが発生することが何となくイメージできるでしょう。痺れもその神経の圧迫具合によって違いますので、痛さも範囲も違ってきます。ヘルニアの治療には手術をすることがよくあります。ヘルニアを治すには手術が1番効果的な面もありますが、手術を敬遠してしまう人にとっては、保存療法と言って手術をしなくて済むのも人気です。

安静にすること

椎間板ヘルニアは、腰のとても強い痛みと激しい痺れを伴います。ですから、基本的には歩くことが困難になりますので安静が必要となります。そのために1人で生活するには、とても厳しい状況となるのです。腰痛に関しては、安静にすることで痛みを無くすことは可能となりますが、しびれに関しては三日間の安静を心がけて、肉体的な炎症を抑えなくていけないのです。その間は温める事は厳禁なので、なるべく患部を冷やしてあげると良いのです。ですから入浴等も控えておかなければいけないのです。そして3日後にきちんとコルセットなどを巻いて、患部を保護をしながら病院にいくと良いのです。このように工夫をしながら、三日間安静にすることで、ひどくならず早めに痛みがおさまってくれるでしょう。