椎間板ヘルニアのレーザー治療なら入院日数が2日(1泊)【早期治療で健康生活】

聴診器と救急車のおもちゃ

入院日数の少ない手術法

医者

最短日帰りも可能

椎間板ヘルニアは、症状が改善しない場合、手術することになります。しかし、一般的な椎間板ヘルニアの手術は、腰の場合で20日程度の入院、リハビリの日数が必要になりますし、頚椎になりますと1ヶ月は入院して、その後のリハビリにも時間がかかります。ところが、レーザー技術の進歩によって、今では椎間板ヘルニアのレーザー治療(PLDD)ができるようになってます。これは、経皮的レーザー椎間板減圧術とよばれているもので、入院日数が通常2日、条件がそろいますと日帰りもできるという優秀な治療法です。一般的な手術の方が適用範囲が広いそうですが、レーザー治療できるのでしたら、上記のように時間的に有利ですし、治療成績も良いと評判ですから、検討する価値はおおいにあります。

メリットとお値段

椎間板ヘルニアのレーザー治療は、レーザーを照射する時間が10分から20分と短く、上記のように入院日数が2日(1泊)短く、可能なら日帰りもできるというメリットがあります。そして、手術後のリハビリも短くて済みますので、短期間で普通の生活に戻ることができます。また、手術はレーザーファイバーという細い線状のファイバーを椎間板の中に差し入れて行いますので、傷口が針の穴程度で目立たないというメリットもあります。また、手術方法が複雑でないことから成功率が高いのも利点です。さて、椎間板ヘルニアのレーザー治療にかかる費用ですが、今のところ保険適用がありませんので、手術費の他に入院費や薬代などを含めて、40万円から50万円程度かかるようです。

痺れたりする

看護師

椎間板ヘルニアは腰の痛みと激しいしびれを伴うのが特徴です。ですから椎間板ヘルニアになった時には、動くのも辛い位なので三日間安静してから病院に行くと良いでしょう。安静にすることが1番大事になってくるのです。

View Detail

まずは安静にしましょう

風景

腰で起きることとして有名なのがぎっくり腰であり、これは別名では腰椎椎間板ヘルニアと呼ばれています。この症状は激痛がおこります。それは神経自体を圧迫した結果引き起こされています。

View Detail

ヘルニアを治すには

男性

ヘルニアを治すためには、ヘルニア手術をしてもらうのがベストな選択になります。ヘルニア手術は出来る限り名医に依頼するのが良いでしょう。そうすることによって、ヘルニアが完治する可能性を非常に高くすることが出来るのです。

View Detail